読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤハタブ

Mac iPad Vape 水泳が好きな脱サラ30代の気ままな日記。

ブラック企業時代の記憶

仕事

f:id:sizx:20150819075608j:plain

過去に世間でもとても有名なブラック企業で働いた数年間があった。ふと思い出して軽く検索してみれば社員の鬱憤と阿鼻叫喚は今でも変わらないみたいで大変みたい。現在は現在で仕事が多すぎて休めない自分なので、「大して変わってないじゃないか」と言われても否定は出来ませんが。

フリーランスになった今でも仕事が大変な時に思い出すのは、先輩が「こんな予算無理っすよ!」と直訴した時に上司が返した「例えですけど、達成出来なかったら殺されるんだったらやるでしょ?」という印象的なシーン。(実際はもう少し表現がきつかったけど自粛)

少ない給料のために殺されてどうするんだよと思うところだけど、面食らって何も言えなくなり皆が沈黙、そのまま通常通りの業務に戻ったのだけど、自分的にはこのシーンを見ておいて良かったと今でもそう思う。

上述の上司の台詞は酷いけれども、少なくとも今の自分はやることを自分で決めてやってる訳で、毎月月初に達成不可能な予算が降りてきてサービス残業の毎日を過ごしていたブラック企業の社員時代とは違うのだからと納得出来る。

「納得」ってとても大事で、きつい時に「納得」できていない状況は本当に苦しい。

脱することが出来たから言えることだけど、ブラック企業で働いてみて良かった。過労で体を壊して復帰に多少の時間を必要としたけれども良い社会勉強でした。