読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤハタブ

Mac iPad Vape 水泳が好きな脱サラ30代の気ままな日記。

為末大さんのHip Hop違和感発言ってどのアーティスト聴いてそう思ったのかな

Hip Hop

最近の日本人のHip Hop(日本語Hip Hop)はなんていうかカッコいい。自分が昔なんとなく感じていた受け入れられないなっていう気持ちが生まれない。

カッコいい・やってみたい!だから始めるって高校生も居れば、血筋や生い立ちから馴染んだ音って事から始まりそのままプロになっている人まで居るし、もう40代のおじさんになってしまったRHYMESTER宇多丸さんだってカッコいい。物騒な発想はムムって思ったけど曲カッコいい。

そもそもHip Hopをやりたいという衝動から始まって、日本語と格闘していた世代があって、現在のシーンがあってって中で為末大さんってどのアーティストの音聴いて思ったのかな。だってAKLOだってJinmenusagiだってSALUだって皆カッコいいし。

ていうかHip Hopに限らず、ロックだってジャズだってR&Bだって、何処の国でも母国語との格闘で奮闘する世代を経て成熟していくと思うんだけどなー。為末大さんの現実的な考え方って嫌いじゃないけど、日本で生まれ育った人のHip Hopっていうカテゴリーは無いと思うし、失礼じゃないのかな。

そもそもどのアーティストのトラック聴いてそう思ったか知りたい!