ヤハタブ

Mac iPad Vape 水泳が好きな脱サラ30代の気ままな日記。

石破茂 橋下徹の失言に思う共通問題

言葉って怖いなあと言ってしまった後にウジウジ考えてしまう事なんて誰にでもある。よくやってしまうし、失言が無くすのは無理でも減らすにはどうしたら良いかと考える事がよくある。考えてる時は大抵やってしまった後だけど。

そんな失言常連の自分が橋下徹市長や石破茂幹事長の失言を見ていて思う共通問題がある。

それは、言った事が正しいか正しくないかに焦点が当たる様な発言はすべきではないということ。

政治家なんて言葉が売り物なくらい大事な訳で、自分が言ってしまって損する発言や周りに迷惑をかける発言してはならない訳で、ブログやTwitterでそれをやると更に文字が残るし非常に良くない。

髪の毛が薄い人の前でハゲを揶揄した例えを使うと相手がイラッとするし、そもそもそんなシチェーションで言って得する訳でもないのにそれに拘るのがアホらしい。

外した発言をするとピントの外れた指摘や批難を甘受せざるを得なくなるという事もあるので、大先生といえどもブログやTwitterで言葉を文字にして公開するのは辞めた方が良いかと思う。「先生この表現は使えないので削除しました」くらいのチェックも経ていない印象を政治家先生のブログやTwitterから感じてしまう事態はなんともいやはやという感じで、撤回しましたとか見てられないので最初からやらないでいただきたい。