ヤハタブ

Mac iPad Vape 水泳が好きな脱サラ30代の気ままな日記。

安易に怒鳴る求心力のない人と慕われる人

独立して仕事をしていく中で個人事業主から起業された社長、経営者一族まで様々な人と出会うようになった。その中の数人とはウマが合い良く出会い、また逆にその中の数人とは出来れば顔を合わせたくない。

何が違うのかというと、仕事を指示される部下の気持ちや請け負う側の気持ちを理解した振る舞いをしているかどうかなのではと思う。

透明性が確保されている環境にあるにも関わらず猜疑心が言葉の端々に現れている人だとトラブルの発生を考えて距離が生まれるし、「あなたを信じている」と正面から言える人には自然に人が集まり自発的に努力する人が残る。

大事なのはそう思っているかではなく、そう言えるかどうか

素晴らしいなと思える人だって聖人君子ではないし、「この人で大丈夫だろうか」とか色々と考えるだろうし、「こいつホント腹立つわ」と内心怒っている事も当然ある。なければ逆に怖い。でも言わない。逆にポジティブな言葉を真顔で言える。これが凄い。だから出来るようになろうと人が付いてくる。「この人の会社の業績に貢献したい」と自然に気持ちが湧いてくる。

そんなポジティブな気持ちで慕う社長の会社のタスクをこなしながら、猜疑心だらけのクライアントのタスクもこなす金曜日を忙しく過ごすのだ。さて週末に向けて頑張ろう。